【女一人旅】東京あちこち・上野恩賜公園(東京都台東区を歩こう)彰義隊の墓、戊辰戦争、上野戦争、徳川慶喜、江戸、幕末、歴史

彰義隊の墓(しょうぎたいのはか)

この墓所には、いつも花が手向けられています。

私は幕末の歴史が特に好きですが、旧幕府軍と新政府軍なら?と聞かれると、答えることは出来ません。それぞれが懸命に時代を生き、国を憂い、血を流し、どちらもかけがえのない存在だと思うからです。今回は、激戦地となった上野の ”彰義隊の墓” について書いてみます。

 

彰義隊”とは、”大義を明らかにする”

大義旧幕府軍にあるのか、新政府軍にあるのか、その事を彰かにしたい思いから、名が付けられました。

f:id:mari24jp:20201201152510j:plain

 

上野恩賜公園の記事 まとめ

はじめに

上野恩賜公園にある彰義隊の墓は、義に殉じた男達の魂を慰めるために建てられました。

f:id:mari24jp:20201201152654j:plain

誰が、なぜ、この場所に慰霊碑を建てたのか?幕末ファンにとっては当たり前の出来事でも、上野を訪れる人々が知らないなんて残念です。激動の日本で起こったドラマについて、分かりやすく書いてみます。

彰義隊とは

旧幕府軍 VS 新政府軍

日本で ”幕末” と言えば、江戸時代末期を指すのが通例となっています。お侍さんの江戸から西洋文化を取り入れた明治に変わる時、日本史上最大の内戦が起こりました。”戊辰戦争”です。対戦したのは、江戸を取り仕切る ”幕府軍(以下、旧幕府軍)” と、薩摩(鹿児島)・長州(山口)・土佐(高知)連合の ”天皇軍(以下、新政府軍)”です。天皇軍と名付けたのは、新政府軍は別名”官軍”と呼ぶからです。詳細は割愛いたします(非常に残念ですが)。権力を失いたくない旧幕府軍と、武力で押さえつけたい新政府軍、2つの勢力争いでした。

 

鳥羽・伏見の戦い

江戸時代まで日本の首都は京都でした。首都とは天皇のおわす場所を指します。戦国時代が終わり、争いのない江戸時代は260年続きましたが、海外との交流を受け入れない(鎖国)ままでは居られなくなったため(黒船来航)、結果として、幕府は権力(政権)を天皇陛下にお返ししました(大政奉還)。そして、新たに権力を握った人達(新政府軍)のやり方に納得いかない人達(旧幕府軍)が反乱を起こし、日本国内で戦争が起こりました。それは鳥羽街道(三重県に続く道)・伏見(京都府)の辺り、関西で始まりました。どちらも天皇を大将にすべく、京都へ進軍したのです(錦旗)。

大将が江戸に逃げた

旧幕府軍の大将は、徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜です。慶喜鳥羽・伏見の戦いの最中、家臣を置いて江戸へ逃げてしまいました。それまで旧幕府軍は敵の3倍の兵力を誇っていましたが戦意喪失、両軍は追うように江戸へ向かいました。

 

江戸城から上野へ

無血開城” とは、それまで徳川将軍の居城としていた江戸城を、新政府軍に明け渡したことです。将軍だった慶喜は、上野の寛永寺で蟄居(自宅の部屋で謹慎)となりました。争いが無くなった訳ではありません。慶喜を擁護する旧幕府軍の家臣らは、この上野で徹底抗戦しましたが、新政府軍の圧倒的な軍事力によって、わずか半日で壊滅しました。1868年7月4日のことでした。別名は ”上野戦争” です。

f:id:mari24jp:20201201152610j:plain

 

ざらしだった義士の遺骸

戦の後、旧幕府軍ら数百名もの遺骸はそのまま残されました。南千住にある円通寺の二十三世仏麿和尚、上野寛永寺の御用商人・三河屋幸三郎の両名が見かねて荼毘(火葬)に伏しました。彼らの墓を建てることが許されたのは、1874年のことです。反乱軍、逆賊とされたため、建立が直ぐには認められませんでした。

彰義隊の墓

名もなき侍たち

墓碑銘は「戦士之墓」とだけ書かれています。剣・禅・書で知られる旧幕臣山岡鉄舟によるものです。

f:id:mari24jp:20201201152524j:plain

明治2年、寛永寺子院の寒松院と護国院の住職が密かに付近の地中に埋納した(墓碑脇石碑より) 

彰義隊 結成と敗退

十五代将軍 徳川慶喜の一橋藩主時代の側近家来であった小川興郷らは、1868年、大政奉還をして上野寛永寺に蟄居した慶喜の除名嘆願のために同志をつのった。そこには徳川政権を支持する各藩士をはじめ、新政府への不満武士、変革期に世に出ようとする人々が集まり、「彰義隊」と名乗り、やがて上野の山を拠点として新政府軍と対峙した。旧暦五月十五日の上野戦争は、武力に勝る新政府軍が半日で彰義隊を壊滅させた。

生き残った小川ら隊士は、1874年にようやく新政府の許可を得て、激戦地であり隊士の遺体の火葬場となった当地に彰義隊戦死の墓を建立した。なお、遺骨の一部は南千住 円通寺内に合葬されている。以後、百二十年余りに渡り、小川一族によって墓所が守られてきた。現在、歴史的記念碑としてその管理は東京都に移されている。(彰義隊の墓 立札より) 

Grave-yard of Shogi-tai soldiers in the Ueno War

There was a war called the Ueno War around here in May 15, 1868. It delimited Edo era and Meiji Restoration. In this war, a soldier group of Tokugawa persons'(old government) named Shogi-tai fought against the army of the new government and was defeated.

Okisato Ogawa and his comrades, who were survivors of Shogi-tai, obtained the permission of Meiji government at last in 1874 and built the grave-yard of killed soldiers. Afterwards, the grave-yard of Shogi-tai was preserved by the Ogawa clan for over 120 years, and succeeded by Tokyo Metropolitan government in 2003. We learn the history of the Ueno War thanks such an effort now.

生き残った志士は更にに北上し、最後は北海道函館市で戦いました。(五稜郭・函館戦争) 

参拝の作法

慰霊碑の参拝には改まったお作法はありませんが、彰義隊士の法要は長く日蓮宗が担っています。2017年の150回忌には、増上寺(徳川宗家の墓)や寛永寺などでも営まれました。彰義隊の墓は自由に参拝できますが、個人的には、墓碑で手を合わせ「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と唱えるだけでも思いは伝わると思います。 

香炉の仕方

彰義隊の墓には、時々線香があがっているのが見られます。香炉と呼べるか分かりません。宗派によって作法は異なります。

献花の仕方

献花用の花は、根元が左側・花が右側です。花を抱えたまま、献花台の手前まで進みます。進んだら一度止まり、慰霊碑に向かって深く一礼します。

姿勢を戻したら献花台の前に進みます。正面に立ったら、抱えていた献花用の花の向きを手元で変えます。花の向きは、根元が慰霊碑側・花が手前側です。向きを変える時には時計回りにします。

花の向きを変えたら、献花用の花を献花台の上に置きます。その場で一礼または黙とうをします。終わったら、献花台から後ろに一歩下がり、慰霊碑に向かって一礼します。 

全国の慰霊碑

今の私が直ぐに思いつく慰霊碑を挙げています。(知る度に追記していきます)

沖縄県

広島県原爆死没者慰霊碑、原爆犠牲ヒロシマの碑、平和祈念碑など

長崎県:原爆犠牲者慰霊碑、外国人戦争犠牲者追悼 核廃絶人類不戦の碑など

兵庫県姫路市:太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔

群馬県御巣鷹の屋根(日本航空123便墜落事故)

東京都豊島区:東池袋中央公園(巣鴨拘置所A級戦犯慰霊碑)

感想

侍の無念

私は、愛読書「壬生義士伝/浅田次郎」を読んで、旧幕府軍の気持ちを考えるようになりました。小説の内容は、ある幕末の武士がどんなに努力しても報われず、家族を養うため脱藩して新選組に入隊します。そして鳥羽・伏見の戦いまで旧幕府軍の侍として剣を振るいます。彼らは天皇に歯向かうつもりなどなく、なぜ己が逆賊とされねばならぬのかと、大義を見失っていました。まさに ”彰義隊”、大義を彰か(明らか)にする隊士のお話です。私はこの場所に来ると悲しい気持ちになります。 

上野恩賜公園

私はよく上野へ行きます。お決まりの散歩ルートが自宅から不忍池周辺だからです。旅のブログを書いていると、居住区から離れたところを書いてしまいがちです。せっかく史跡の豊富な東京で暮らしていて、身近な場所について書かないのはもったいない、そうだ!まずは上野恩賜公園について書こうと決めました。
いざ情報をまとめてみると、ゴールが見えません。それほど上野は面白い街なのです。今回は彰義隊について取り上げましたが、これからも上野散策は続きます。

概要

住所:東京都台東区上野公園5-20
電話:03-3828-5644
開園時間:5:00〜23:00時間外は立入禁止)
休園日:12月29日〜1月3日(事務所業務休止)
開園年月日:明治6年10月19日
開園面積:538,506.96 ㎡

交通機関
電車を利用
・JRまたは東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅下車 徒歩2分
都営地下鉄 大江戸線上野御徒町」駅下車 徒歩5分
・京成線「京成上野」駅下車 徒歩1分

車を利用
上野恩賜公園第一駐車場(普通車)
営業時間: 9:00〜21:30(入庫は 19:30まで)
利用料金:1時間まで400円、以後30分毎に200円
台数:100台
上野恩賜公園第二駐車場(バス)
利用料金:1時間まで 1,000円、以後30分毎に 500円
台数:バス24台

 

上野に関する情報提供を お願いしております。また、意見・指摘・感想・要望・相談などがありましたら、どうぞお気軽にお知らせください。

⇓メールアドレスはこちら⇓

mari24travel@gmail.com

 

ご拝読ありがとうございました。

linktr.ee