【女一人旅】東京あちこち・東洋文庫(東京都文京区を歩こう)大清帝国展

文京区本駒込にあります、東洋文庫ミュージアムへ行って来ました!

Twitter で清国の展覧会が開催されていることを知り、場所を調べてみたら・・・”東洋文庫”?ここは、日本医師会のすぐ隣にあります。

f:id:mari24jp:20210308172531j:plain

東洋文庫とは?

東洋と言えば、アジアですよね。「どうして ”文庫” なんだろう・・」それは、日本人が中国から本を買い取ったからなんですね。

もうちょっと細かく述べると、1917(大正6)年、三菱財閥の3代当主・岩崎久彌が中華民国総統府G.E.モリソンの所蔵する書物を購入しました。岩崎久彌さんは、岩崎弥太郎の長男ですね。超お金持ちですから、買い取った額も数も大きければ、その後の行動も凄いです。図書館 兼 研究所にしてしまいました。

1924(大正13)年に東洋文庫を設立し、蔵書数約100万冊、日本最古・最大の東洋学の研究図書館となりました。東洋学に関するコレクションは国内最高の水準を誇ります。
美術館の歴史はまだ新しく、2011(平成23)年、国宝や重要文化財等の貴重書を展示するミュージアムが開館されました。中庭も併設された近代的な施設となっています。

ミュージアムへ行ってみよう!

それでは、東洋文庫へ入ってみましょう。

f:id:mari24jp:20210308172204j:plain

この辺は色んな建物があり、一見狭そうですが中から見ると開放的な感じです。

f:id:mari24jp:20210308172751j:plain

入口には江戸時代の地図があり、目を引きます。

f:id:mari24jp:20210308172822j:plain

売店の中に、チケット売り場があります。

◎入場料

一般:900円

65歳以上:800円

大学生:700円

中・高校生:600円

小学生:290円

障害者(+付添1名):350円

 

東洋文庫が製作した5分程の YouTube がよくまとまっていて見やすいです。ご参考まで

オリエントホール

ミュージアムは場所や道に素敵な名前が付けられています。ここはオリエントホール、入るとすぐこの向かい側に、清朝の歴史と資料が掲げられています。 

f:id:mari24jp:20210308172730j:plain

モリソン書庫

2階に上がると、東洋文庫のイメージ画像として良く出てくる ”蔵書” が収められています。どんな本があるのか見てみたら、ロシアの貴重な本などもありました!東洋だけでなく、西洋の本などもありそうです。 ちなみにロシアで言うと、2017年には ”ロマノフ王朝展” も開催されました。

f:id:mari24jp:20210308172704j:plain

右下にご注目!

分かりづらいのですが、ここは、フラッシュをたかなければ撮影OKです。

清帝国展へ潜入!

いよいよ大清帝国展へ!

f:id:mari24jp:20210308172609j:plain

私の印象に残った展示品をご紹介します。

纏足の靴

纏足の歴史は有名ですが、簡単に説明します。

”纏足” とは中国の昔の風習で、良いとこのお嬢様の足を幼いうちから固めて成長しないようにし、歩けないほどにしたそうです。足が使えないとアッチの締まりが良くなるそうで、貞節を重んじるためとか、セクシーだともてはやされ、纏足でなければ嫁入り先がないとも言われていたそうです。

展示された纏足の靴を見てみると、やはり小さいです。でも上流階級の履く靴らしくとても美しい細工が施されています。靴としての機能は果たしてない、お飾りですよね。美しさや魅力を感じるとされていても、動くこともままならない状態にしてしまうなんて酷い…

f:id:mari24jp:20210308172644j:plain

李鴻章の書

中国と言えば ”科挙” と言う官僚登用試験が有名ですが、その難易度は気が遠くなるほど。

f:id:mari24jp:20210309005309j:plain

中国の書物を見ると、例外なくどれも文字が美しいんです。 真っ白な紙に書かれていても、まるで小さいマス目があるかもような正確さ。科挙は文字の美しさも採点されます。

この書は清国末期の政治家・李鴻章の筆ですが、彼も科挙試験に合格した1人です。大胆で強く大きい文字ですよね。この ”鳶飛魚跳” とは、「鳶は飛んで天に戻り、魚は灘に躍る」、つまり「万物が生まれながらに備わる性質にしたがって自由に楽しみながら生きること」を意味しています。人それぞれに与えられた能力や才能に従って自由に楽しく生きること。よく好きも才能の1つと言いますが、好きで続けられることこそ、一番の才能だと私は考えます。

f:id:mari24jp:20210308172629j:plain

素晴らしい展示品がたくさんありました!

売店ではパンフレットを購入、1冊 ¥570‐ 2冊セット ¥1,000‐

f:id:mari24jp:20210308173506j:plain

今回の展示会の内容がほとんど掲載されています。現物を見るとやっぱり感慨深いですが、 参考資料としてお勧めです。

知恵の小径

展示施設を出まして、館内をお散歩。ここは”知恵の小径” と言いまして、アジアの多彩な言語による格言が記されています。

f:id:mari24jp:20210306075734j:plain

この道に”アジアの言語” が記されているとは知らず、1つ1つ見ているとキリル文字を発見。私はキリル文字を使うロシア語を学んでいるので、つい読み上げてみましたが、全く分かりません。めげた・・

それもそのはず、これはウズベキスタンの言葉だったんです。ウズベク語で「」と書かれています。

f:id:mari24jp:20210306075626j:plain

他にも色んな言語で素敵な言葉が記されていますので、ご興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

 

オリエント・カフェ

入口に ”小岩井のビーフ” なんて書かれているので店の名前かと思いきや、 ここは ”オリエント・カフェ” と言います。f:id:mari24jp:20210308172846j:plain

乳製品で有名な、岩手県小岩井農場が経営しています。都内に3店舗、この ⑴オリエント・カフェ、東京駅構内の ⑵エキュート東京店、丸ビル内の ⑶小岩井農場TOKYO があります。小岩井と言うのはこのお三方の頭文字を取っています。小・岩・井。 

f:id:mari24jp:20210308215841j:plain

この日のランチはコラボメニュー ”鶏モモ肉のオレンジ煮” にしました。清朝らしさは不明です。使用している調味料が中国産の八角なのでしょうか。こだわり???

f:id:mari24jp:20210308180434j:plain

コンソメスープとサラダです。普段の私はシーザードレッシングを買わないのですが、ここで食べたら美味しかったので、最近買いました。

f:id:mari24jp:20210306080151j:plain

ライスとメイン一品のシンプルランチ。確かにオレンジソース、サッパリしてる!

f:id:mari24jp:20210306080544j:plain

食後は優雅に、お庭を見ながら珈琲をいただきました。

f:id:mari24jp:20210306080633j:plain

シーボルトガルテン

オリエント・カフェとミュージアムの中庭は、シーボルトガルテン(庭園)。

”庭” = ”ガルテン” 、ドイツ語読み。シーボルトは江戸時代にオランダ人と詐称していましたが、実はドイツ人です。

f:id:mari24jp:20210308232800j:plain

オリエント・カフェの幻想的な灯りと、庭園の明るさが対照的で素敵ですよね。

f:id:mari24jp:20210306075816j:plain

この銅像は”具現” 、東京藝術大学の学生の作品です。

f:id:mari24jp:20210306080749j:plain

具現” はっきりとした形に表すってことですけど、銅像の髪型にご注目ください。

f:id:mari24jp:20210306080057j:plain

下から撮影すると、すごいリーゼント。エルヴィス・プレスリーも真っ青?裸だし。

f:id:mari24jp:20210306080021j:plain

感想

私は浅田次郎の作品が大好きです。もちろん"蒼穹の昴シリーズ"も読みました。清朝の歴史が分かる小説なのですが、とても面白くて、どうしてこんな素晴らしい作品が書けるのだろうと感動したものです。

また日中共同製作のドラマ ”蒼穹の昴” も観まして、西太后は爪に豪華なアクセサリーを付けているのですが、この不思議はミュージアムで知り、儒教の教えで ”身体に傷をつけないため” だということが分かりました。実際の爪カバーが見られたり。色んな発見がありました。 

f:id:mari24jp:20210308180728j:plain

その他にも私は、清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀の弟、溥傑に嫁いだ日本人女性の愛新覚羅浩(嵯峨侯爵家令嬢)さんの本も好きで、2年前の展覧会にも足を運んだほどでした。”流転の王妃の昭和史” 愛新覚羅浩・著は何度も読みました。

f:id:mari24jp:20210308174734j:plain

”大清帝国展”は、こんな私にとってとても面白い展覧会でした。

まとめ

☆食事について

・人気メニュー:マリーアントワネット

視覚 3 ★★★☆☆、嗅覚 3 ★★★☆☆、味覚 3 ★★★☆☆、食感3 ★★★☆☆

コスパ 2 ★★☆☆☆ ボリューム 3 ★★★☆☆

☆店について

・店員の対応:3 ★★★☆☆

・店内の雰囲気:グランメゾン

・対象:どなたでも

・気分、ムード:高級、上品

・当日の客層:中年女性ペア、老年夫婦など

・リピートしたいか:△ (美味しいけどお高め)

概要

東洋文庫ミュージアム

〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-21

f:id:mari24jp:20210308224732g:plain

電話:03-3942-0280
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)※当面の間

休館日:毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)年末年始



交通機関
電車を利用
・JR山手線駒込」駅下車 徒歩8分
東京メトロ南北線駒込」駅下車 徒歩8分(2番出口)
都営地下鉄三田線「千石」駅下車 徒歩7分(A4出口)

 

バスを利用

・都営バス上58系統・茶51系統「上富士前」下車 徒歩1分


車を利用
・近隣のコインパーキングをご利用ください。

関連記事