【女一人旅】行ってみっぺ!茨城(茨城県水戸市) あんこう鍋の名店、水戸郷土料理 山翠(さんすい)

水戸の郷土料理を食べに行く

ハァ・・ 歩き疲れてベンチに座ると、目の前に素敵なお店が。

f:id:mari24jp:20210406153738j:plain

名店、山翠(さんすい) に行きました。

元祖あんこう鍋 ”山翠” へ

f:id:mari24jp:20210406153940j:plain

あんこうの碑 が置かれた店の入口。

f:id:mari24jp:20210406154028j:plain

戦後復興がひと段落しつつある、昭和二十年代に 海・山・河 をイメージさせる「山翠」が誕生しました。

当初 看板料理は 釜めし でした。昭和三十年代に入って、かつて漁師の海辺での定番だった あんこうどぶ汁 を「元祖あんこう鍋」として復活させ、今のあんこう鍋 歴史がはじまりました。

他郷の人には 異郷の風味を

同郷の人には ふるさとの味を

おしながき より~

店頭はこんな感じ

創業時 ”釜めしのお店” としてスタートさせた 山翠。釜めしが売っています。

f:id:mari24jp:20210406155425j:plain

海外からの旅行客向けに こんな案内も。

f:id:mari24jp:20210406165205j:plain

さすが名店、有名人のサインがズラリと並んでいます。

f:id:mari24jp:20210406154137j:plain

キレイなカウンター席、高級感が漂いますね。

f:id:mari24jp:20210406155327j:plain

おしながき

それでは店員の案内に従い、2階のテーブル席へ行ってみましょう!

f:id:mari24jp:20210406154523j:plain

f:id:mari24jp:20210406164425j:plain

友人と待ち合わせて 2人で食事をしているため、対面にはプレートが。

f:id:mari24jp:20210406160358j:plain

名物の ”あんこう

f:id:mari24jp:20210406160548j:plain

水戸らしい ”納豆”

f:id:mari24jp:20210406160834j:plain

あんこうについて

あんこうは捨てるところが無い?

あんこうの七つ道具とも呼ばれる、【正身、皮、肝、エラ、胃袋・卵巣・ほほ肉】全て食べることが出来ます。

あんこうのオスは小さい?

食用として採られているのは、ほとんどがメスです。そのため七つ道具の中に卵巣が入っています。オスは小さすぎて食用にはなりません。。。

◎オスの生涯はどうなっているの?

運が良くメスに出会えたラッキーなオスあんこうは、メスに噛み付きます。すると徐々に目・脳・心臓・・・と吸収されていき、精巣のみが残ります。そのあとオスの精巣を手に入れたメスは産卵することが出来ます。こうしてあんこう鍋を食べられる事になります。「オスの生涯は、気の毒」と思う方もいるかもしれませんが、オスのお陰で美味しいあんこう鍋を食べられるのです、是非、お帰りの際店頭にあります ”あんこうの碑” にありがとうの気持ちをお伝えください。

◎山翠のあんこうはどこ出身?

常盤中・北海道方面からも仕入れております。

~山翠 おしながき より~

いただいたもの

私は 庶民なので、ランチをいただきます。

f:id:mari24jp:20210406164327j:plain 

三品 定食” ¥1,000‐ 東京なら ¥1,500‐ はしますよね。f:id:mari24jp:20210406154815j:plain

しかし・・海老は カロリー控えめ。とっても細くしておきました。

f:id:mari24jp:20210406154854j:plain

だって・・主役は海老じゃないんです、豚肉なんです!

f:id:mari24jp:20210406155029j:plain

それもそのはず、水戸出身の 徳川慶喜公は、”豚一 (ブタイチ) 様” = 肉好きな橋様、と呼ばれていたのですから。 茨城名物、美味しかったです。

橅豚(ぶなぶた) とは

自然豊かな茨城の奥久慈地方で育った、あくが少なく、甘みがあり、深いコクが特徴の豚肉。東京食肉市場銘柄豚協会枝肉共進会において、「最優秀賞」を受賞した豚です。

店内の様子

f:id:mari24jp:20210406154701j:plain 

f:id:mari24jp:20210406155210j:plain

f:id:mari24jp:20210406155241j:plain

f:id:mari24jp:20210406154949j:plain

あとがき

私は旅行から帰ると、図書館で旅行雑誌を借りて来ます。水戸のレストランのページは多くありませんでしたが、山翠の名前は載っていました。

f:id:mari24jp:20210406171322j:plain

そして、"水戸ュラン"。 ここに掲載された飲食店は4つ周りましたが、どこもハズレなし。街のあちこちにあるこのパンフレットを見せると特典がありますので、駅や観光案内所で是非もらってくださいね!

f:id:mari24jp:20210406171526j:plain

まとめ

☆食事について

・人気メニュー:あんこう(10月~4月)、豚肉、納豆

☆店について

・店員の対応:

・店の雰囲気:

・対象:

・雰囲気:

・当日の客層:

・リピートしたいか:

店の情報

山翠 (さんすい)

住所:茨城県水戸市泉町 2-2-40

電話:029-221-3617

営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30

定休日:火曜

アクセス

電車:JR常磐線 水戸駅 徒歩約 分

バス:茨城交通バス大工町方面4分 「泉町一丁目」下車すぐ

車:共用駐車場利用 150台

関連記事

YouTube動画 (日本語・ロシア語)

◎水戸観光

◎レストラン