【女一人旅】飛んで埼玉(埼玉県深谷市) 深谷駅「渋沢栄一 からくり時計」

深谷駅北口の「渋沢栄一からくり時計」。そばに ステイションガーデン もあり、1年を通してお花がお出迎えしてくれます。

からくり時計の渋沢栄一が、なぜ人形を手にしているのか? エピソードを交えて動画を作成しました。

時計の正式名称が「ふっかちゃん からくり時計」なのか 「渋沢栄一 からくり時計」なのかハッキリしませんが、深谷市ホームページにリンクされている情報によると「渋沢栄一 からくり時計」が正解のようです。

からくり時計は、2012年2月に設置されました。当初はからくり時計ではなく巨大パネルを設置する案も出ていましたが、人を喜ばせる渋沢栄一の精神を継いで、可愛い時計を置くことになりました。

からくり時計は通常、ふっかちゃんがアクリルケースの中でクルクル回っていますが、午前7時~午後11時までの間、0分ちょうどに渋沢栄一が現れます。両手には日米親善を願って贈り合った西洋人形と日本人形。1分ほど回って、また隠れていきます。

♪ 青い眼をしたお人形 歌詞 ♬

青い眼をしたお人形は

アメリカ生まれの セルロイド

日本の港へ 着いたとき

いっぱい涙を 浮かべてた

「わたしは 言葉がわからない 迷子になったら なんとしよう」

やさしい日本の 嬢ちゃんよ

仲良く遊んで やっとくれ

仲良く遊んで やっとくれ