【女一人旅】飛んで埼玉(埼玉県深谷市) 深谷市の魅力を探ってみよう!

渋沢栄一だけじゃない、深谷市の魅力を集めてみました。

f:id:mari24jp:20210415001808j:plain

はじめに

深谷市の旅でも 多くの人の温かさに触れ、この旅行記を書くことが出来ました。

駅員、店員、ホテルスタッフ、七ツ梅酒造跡の管理人、学芸員のオジサマ、お寺の住職、若いお兄ちゃん、バスの運転手。そしてこのコロナ禍にも関わらず、行きずりの私達を快く車に乗せてくださり、深谷市の魅力ある場所をあちこちを案内してくださった T.Arai 氏夫妻 に深くお礼申し上げます。

埼玉って、どんなとこ?

私は今まで、埼玉より千葉へ訪れた回数の方が圧倒的に多いのですが、千葉って "ネオ東京" みたいな名前をつける痛さがありますよね? (千葉を愛する人ゴメンナサイ) 海も空港もディズニーもあるので、千葉にはよく行きますが、埼玉には行った経験はあっても、ほとんど記憶にありません。そんな埼玉、千葉に負けない魅力があるんじゃないか… そうして私は、埼玉に飛びました。

埼玉の地図はこんな感じ。

f:id:mari24jp:20210410181849j:plain
今回は 地図の中央上にある、群馬のお隣・深谷市へ行きました。

論語の里 循環バス

宿泊ホテルを出てすぐ、信号待ちをしていた循環バスを発見。指を指し、あ~っ!と言うとバスの運転手が窓を開け、話しかけてくれました。

「バス停、左を曲がったすぐソコにあるから」

f:id:mari24jp:20210414235924j:plain

わっかりました!と言って、私は1時間毎に鳴るからくり時計を見に行きました。

深谷駅 北口

素晴らしい天気・・私は 青天を衝く勢い で、空に手を伸ばしてみました。

勢いは青天を衝いて いきおいはせいてんをついて

 臂を攘て躋り    ひじをまくりてのぼり 

  気は白雲を穿て   きははくうんをうがちて

   手に唾して征く   てにつばしてゆく

f:id:mari24jp:20210416235205j:plain

※マニキュアは藍染の手、顔は吉沢亮を 想像してください。

深谷駅

渋沢栄一 からくり時計 (動画)

渋沢栄一翁ふるさと館 / 循環バスチケット売り場

深谷駅から循環バスに乗ろうと走ったものの、乗車チケットを買っていないことに気が付きました。売り場を探してたどり着いたのは ”渋沢栄一翁 ふるさと館”。

f:id:mari24jp:20210414235628j:plain

1日乗車券 ¥500‐ を購入。バスの時刻表を確認すると少し時間が空きます。せっかくなので ふるさと館 (OAK オーク) で土産物を見て、近隣の観光名所に向かいました。

ちょっと迷ってしまったので、バス停までの地図を貼っておきます。

f:id:mari24jp:20210415001019p:plain

バス停も、大河ドラマ色です。

f:id:mari24jp:20210415001029j:plain

◎循環バスの案内 (深谷観光バス株式会社) 

f:id:mari24jp:20210417115543j:plain

伊勢屋

歴史散策の旅 を重ねていると、”伊勢屋” と名の付く和菓子屋さんはあちこちにあります。深谷市伊勢屋 は観光名所。深谷市を代表する レンガ仕立ての建物 です。

f:id:mari24jp:20210414234347j:plain

七ツ梅酒造跡

震災や戦火を免れた、インスタ映えばえのスポット。

f:id:mari24jp:20210414234251j:plain

七ツ梅酒造跡の管理人とお話させていただいたのですが、どう見ても30~40代くらいのお兄さん。楽しく ”深谷” を聞けました。”熊谷空襲” を教えてくださったのも この方です。七ツ梅酒造跡では、人気映画の撮影も頻繁に行われています。”るろうに剣心 (佐藤健 主演)” や ”キャラクター (菅田将暉 主演)” など。

深谷シネマ

同じ敷地にあるようで、実は別の管理下にある ”深谷シネマ”。Arai お母さん曰く「深谷市民の憩いの場」とのこと。私は映画も好きですが、鑑賞料 一般 ¥1,200- はありがたい。

f:id:mari24jp:20210414234214j:plain

◎熊谷空襲の話

深谷市のお隣・熊谷市では、昭和20年8月15日に空襲を受け大変な被害に遭いました。つまり 終戦 です。こんなに日本人を殺す理由があるか、悔しくて悲しくて辛くて、過去の事であっても許せないです。でも戦争って誰を憎んでいいのか分からないから、やっぱり戦争という行為そのものを憎むしかないんですよね。戦争を無くしたい、これに尽きます。やり場のない怒りを平和に繋げたいです。

映画館にちなんで 映画の話をひとつ。”二十四の瞳” で有名な作家・壷井栄の小説 ”母のない子と子のない母と” も 映画化 されました。その中にこの 埼玉県熊谷市の空襲 によって住むところを失った一家が小豆島へ引っ越してくるのですが、故郷・熊谷市を懐かしむ描写が多くあります。(古い映画なので 深谷シネマで上映されてません、念のため)

大河ドラマ

循環バスに乗り込むと、先ほどの運転手に再会。「さっき、少し待ってたんだよ~」と言ってくださり、反省。ごめんなさい・・深谷が魅力的過ぎます

さてさて、埼玉県深谷市の 大河ドラマ館 も行って来ました ♪

f:id:mari24jp:20210414192932j:plain

◎記事 掲載予定

中の家 / 渋沢栄一生地

深谷市に来る前、一番楽しみにしていた ”中の家(なかんち)”。Twitter で行ってきた人の投稿を見る度に心がウキウキしました。

f:id:mari24jp:20210414193225j:plain

そんな ”中の家(なかんち) で私がしたこと・・・

f:id:mari24jp:20210415144726j:plain

疲れ果て寝てしまいました。写真を意識していなかったのでパンフレットが逆。中の家 スタッフの方、ご心配をおかけしました。

◎記事 掲載予定

諏訪神社

絶対訪れたいスポット partⅡ ”諏訪神社”。☜ 大河ドラマの影響受けまくり。

f:id:mari24jp:20210414234846j:plain

人との出会いに感謝しますと、ピカピカの5円(御縁) 玉を投げ入れてきました。

私達一行は、ここからArai 夫妻との旅に変わったのです。

◎記事 掲載予定

渋沢栄一 記念館

『最終バスの時間だね・・ もう周れないね(涙)』 と話していた矢先のご縁。Arai 夫妻「とっても素敵だから見ていらっしゃい」と車を走らせ、渋沢栄一記念館 へ連れて行ってくださいました。

f:id:mari24jp:20210414193124j:plain

言葉に偽りなし。深谷駅にある渋沢栄一からくり時計」= 青い目のお人形エピソードは、ここのスタッフのオジサマ (学芸員?) に教わりました。ピッタリついて色々話をしてくださり、大変参考になりました。

オジサマから「SnowManのファン?」と聞かれるほど、この場所に SnowMan(ジャニーズ事務所の所属のアイドルグループ) が訪れたことは有名です。イケメン志士 渋沢平九郎 が入口に立っています。

◎記事 掲載予定

深谷・華蔵寺美術館

Arai 夫妻が今日のお出かけとして向かった先は、ここ ”華蔵寺美術館” です。歴史好きには是非訪れて欲しい場所のひとつ。住職さんがまた知識豊富で、幕末の貴重な展示物を心ゆくまで見させていただきました。

f:id:mari24jp:20210415175034j:plain

実は、私達が着いた頃にはもう美術館閉館30分を過ぎていたんです。それを Arai 夫妻 が交渉し、住職が特別に開けてくださり、中に入ることが出来ました。館内は撮影禁止ですが、幕末の有名な志士関連の展示物と説明書きが細かく記されていました。

f:id:mari24jp:20210415173205j:plain

印象的だったのは、渋沢栄一の筆と、佐久間象山の書があまりにも美しいこと。最後の将軍徳川慶喜公、水戸の藤田東湖斉昭公昭武公吉田松陰橋本左内、その他にも色んな人物の書が展示されていました。入館料 ¥500‐

◎記事 掲載予定

◎華蔵寺へのアクセス

循環バス 「中の家」下車 徒歩 約17分

住所:埼玉県深谷市横瀬1360

f:id:mari24jp:20210415172601j:plain

道の駅おかべ

『私、道の駅おかべ に行きたかったんです!』と さも乗せてって~とする図々しいお願いを快諾してくれた Arai 夫妻

f:id:mari24jp:20210415175124j:plain

心残りとは、深谷スタンプラリー。愛想良く素敵なオバサマが「たくさん周ってくれてありがとう、お疲れ様!」と声をかけ、素敵な 藍染めの手ぬぐい を渡してくれました。胸がジーン・・としちゃいましたよね。

f:id:mari24jp:20210415173833j:plain

世良田東照宮

「お父さんがね、2人を東照宮に連れて行きたいって」

と、Arai お母さんArai お父さん も 時間は大丈夫か? と気遣ってくれます。深谷の最終電車は 23時までで余裕もあり、お言葉に甘えて連れて行ってもらいました。

f:id:mari24jp:20210414234448j:plain

何とここは群馬県深谷市は県境にあり、利根川を越えるとすぐ群馬なんですよね。徳川氏発祥の神社 に心躍りました ♪

あとがき

血洗島について

深谷市は、渋沢栄一の出身地。大河ドラマに出てくる "血洗島" は、深谷市北部にあり、八島四瀬 と呼ばれる地名のひとつになります。
①南西島、②北西島、③大塚島、④内ケ島、⑤高島、⑥矢島、⑦伊勢島、そして⑧血洗島 の八島です。※Araiお母さん 曰く「あの辺は ”島” とつく地名が多いのよ~」とのこと。

そう言えば?

深谷に100均はないだろう』そう考えて支度を念入りにしてきたのですが、100均どころか、コンビニ もあまり見かけませんでした。キレイな建物が多い街ですが、お店のたくさんある印象は持たなかったです。

印象的だったのは

深谷の人は、人が好きなんだなと思ったこと。深谷の人は老若男女問わず、皆さん気さくに話しかけてくれましたし、雄弁で人懐っこくて、渋沢栄一の人柄を市民みんなが持っているように感じました。

深谷市の魅力を教えてくれた T.Arai 氏夫妻

平成育ちの私達には気軽に住所をお伺いする勇気がなく、Arai 夫妻 深谷駅まで送ってもらった後、知識と思い出をくださったお二人方に感謝すると同時に『こんなに良くしてもらったのに』と思う気持ちが込み上げてきました。深谷の魅力を教えてくれた Arai 夫妻 に東京土産を送り食べてもらいたかったと反省しました。

年配の知恵、若年者の活動力

「私らはね、知識はないんだけど 車であちこち回るのが好きなのよ」

そうして、深谷市を拠点にたくさんの史跡を回ってきたArai 夫妻。百聞は一見に如かず、知識がないどころかお二人から話題がどんどん出てきます。亀の甲より年の劫、長く楽しんで生きた結果が、御年80歳を超える老夫婦に表れていました。とても素敵な人生です。

ネットで知ることのできない深谷市を教えてくださった Arai 夫妻。録画・録音するでもなく、おぼろげな記憶だけを頼りにお二人の話を書き留めることとなりますが、Arai 夫妻 にいただいた深谷市の魅力あるお話を発信いたします。誤認なども沢山あるかもしれません。しかし調べれば分かることを書くのではなく、私は 旅を通して知った現地の声、自分が見て、聞いて、感じて、そんな温かい話や経験を綴っていきたいのです。こうしてブログを書く最大の利点は、遠く離れた人の目に留まる機会を得られることです。いつか Arai 夫妻 の目にも留まれば幸いです。

読者あっての私

そして私が書く行為を続けられるのは、読んでくださる皆様あってのこと。完璧なものではありませんが、丁寧に思いを込めて書いています。このArai ご夫妻 だけでなく、旅好き、歴史好き、学び好きな皆様が自身の時間を費やして貯えてきた知識を、また更に繋げていくことを願っています。

まとめ

関連記事

YouTube動画

◎ロシア語版

◎観光

◎レストラン

 串焼亭 ねぎ 深谷

和CAFE HISAGO

◎参考

深谷市観光協会