【女一人旅】東京あちこち・上野恩賜公園まとめ(東京都台東区を歩こう)

上野の見どころ ”月の松” から こんにちは!

f:id:mari24jp:20210328174952j:plain

江戸時代の浮世絵師・歌川広重の名画、江戸名所百景 ”上野清水堂 不忍池” より

f:id:mari24jp:20210512150228j:plain

上野恩賜公園の記事をまとめました。

都立 上野恩賜公園について

上野恩賜公園は、日本最大級の内戦が行われた悲しい歴史を持つ場所です。

f:id:mari24jp:20210512174831j:plain

この公園は、1873(明治6)年の太政官 布達によって、芝・飛鳥山などと共に日本で初めての公園として開園しました。江戸時代には東叡山 寛永寺の境内でしたが、1924(大正13)年に宮内省を経て、東京市に下賜されました。当初は寛永寺社殿東照宮境内の桜を中心とした公園でしたが、その後は博物館動物園美術館等が建てられ、文化の香り高い公園へと衣替えをしました。 

f:id:mari24jp:20210512180847j:plain

黒門

 f:id:mari24jp:20210512180726j:plain

西郷隆盛

上野恩賜公園のシンボル的存在。彫刻家の高村光雲 作で、台上3.7m (地上7.2m)。1898(明治31)年 に建築工事が終わりました。“天を敬い、人を愛せよ”  銅像脇の立札には「敬天愛人」の文字が刻まれています。

水観音堂 

1631(寛永8)年、天海僧正が京都清水寺に模して建立しました。ここの子育て観音は信仰厚く、願いが叶うと人形を奉納したため、秋の彼岸会には人形供養が行われます。本堂及び厨子は国の重要文化財に指定されています。創建当時のお堂は戦災で消失し、現在の堂は昭和33年(1958年)に再建したものです。ご本尊(八臂大弁財天)は、長寿や福徳・芸能の守りとして信仰されています。 

五條天神社

f:id:mari24jp:20210512145542j:plain

中世には、上野公園内の摺鉢山にご鎮座されていましたが、大正14年(1925)に現在の地にご遷座されました。うけらの神事や節分の行事で有名です。

花園稲荷神社

f:id:mari24jp:20201220094929j:plain

ここは 縁結び で有名な神社です。

上野 東照宮

徳川家康をまつる社。江戸の東照宮は、はじめ江戸城内紅葉山に建てられましたが、後に藤堂高虎が創建しました。1651(慶安4)年には、家光の命で再造営されました。社殿は権現造りで、唐門拝殿本殿の建築は、当時の建築技術が結集した見ごたえのある荘厳なものとなっています。国の重要文化財に指定されています。(透堀、幣殿は復建されたものです)。

寛永寺 五重塔

寛永8年(1631)、土井利勝が寄進した塔は、寛永16年(1639)に焼失しました。現在の塔は、焼失後に寄進されたものです。五重塔は、上野動物園内に位置しています。 

蛙の噴水

f:id:mari24jp:20201208224920j:plain

上野公園の不忍口からの入り口付近を、袴の腰に当たるところから「袴腰広場」と呼ばれています。ここには、かわいい、おへそが付いたかえるの噴水があり、夜にはイルミネーションが灯り、待ち合わせにも利用できます。

上野大仏とパゴダ(仏塔)

上野大仏は、1631(寛永8)年 堀丹波守直時が創りました。建立当時の像の高さは6mでした。大地震で3回、火事で1回と計4回も首が落ち、その都度再建されましたが、関東大震災によって崩壊したのち、現在は、お顔のみレリーフとして保存されています。最近では、合格祈願に訪れる学生を見かけます。同じ場所には、大仏復元の拠点として、寛永寺と上野観光連盟によって、1967(昭和42)年に パゴダ (仏塔) も建立されています。

時忘れじの塔

f:id:mari24jp:20210113221700j:plain

落語家の故・林家三平師匠未亡人、海老名香葉子さんが建立した東京大空襲を忘れないための平和の母子像の記念碑。平成16年に建立され、林家ご一門により慰霊の会が催されています。

小松宮親王

明治維新の功労者であり、会津征討の総督(東征大将軍)に任じられ、日本赤十字社にも貢献された、伏見宮邦家親王の第8王子「小松宮彰仁親王」(仁和寺宮純仁法親王)の騎馬像です。輪王寺第13世門跡で寛永寺第15代山主の公現法親王(還俗後、北白川宮能久親王)は、小松宮様の弟宮にあたられます。

グラント将軍植実樹碑

明治12年(1879)、アメリカ合衆国第18・19代の大統領グラント将軍が、任期終了後に、夫妻で世界一周の途上、来日をされた。上野公園で明治天皇行幸のもとに開催の歓迎会にて植樹をされた記念碑で、毎年、献花が行なわれます。 グラント将軍はローソン・ヒノキを、夫人はタイサンボク(マグノリア)を植樹

ボードワン博士像

f:id:mari24jp:20201220190533j:plain

明治新政府が利用を決めていた上野の山を、近代的な「公園」にすべきとの提言により、上野公園が生まれることになりました。公園の産みの親ともいえるオランダの一等軍医ですが、母国であるオランダ政府の資料の錯誤で平成18年に像を交換するまで、博士の弟の像が建てられています。

野口英世

世界的な細菌学の博士である野口英世博士の銅像が、竹の台噴水の東側に建立されています。珍しい全身立像。 

すり鉢山

公園のほぼ中央、管理所のそばに小高い丘があり、古墳時代につくられた前方後円墳でした。今は、銀杏(イチョウ) や 欅(ケヤキ) 等の大木が多く見られます。

彰義隊の墓 

彰義隊墓所彰義隊の碑、色んな呼び名があります。

天海大僧正の髪塚

f:id:mari24jp:20210512175447j:plain

竹の台噴水(大噴水)

ここは、上野恩賜公園の名物の1つです。30分の間にパターンが様々に変化し、夜はライトアップされ、昼間とは違った風景を楽しめます。

正岡子規 記念球場

正岡子規が学生時代、上野公園で仲間と野球を楽しんでいたことから、2006(平成18)年8月1日にリニューアルオープンしたのを機会に命名されました。 面積は4,700㎡。 ホームとセンターの間は 72.8m あります。 

弁財天

f:id:mari24jp:20210512145604j:plain 

寛永寺を創建した 天海僧正 が建立しました。創建当時のお堂は戦災で消失し、現在の堂は1958(昭和33)年に再建したもの。ご本尊(八臂大弁財天)は、長寿や福徳・芸能の守りとして信仰されています。池の四方からお参りできるように八角形のお堂となっています。

◎周辺の社 あれこれ

 

f:id:mari24jp:20210512175529j:plain

めがね之碑

f:id:mari24jp:20210512175547j:plain

魚塚

f:id:mari24jp:20210512175620j:plain

不忍池 

f:id:mari24jp:20210512145522j:plain

蓮池、ボート池、鵜の池(動物園内)からなり、総面積は 111,776㎡です。 園路には桜、池には蓮が植わっています。また、冬は鴨などの飛来地となってます。そのため、春は桜、夏は蓮、冬は鳥を見るなど、1年を通して楽しむことができ、都民の憩いの場となっています。 池の中にある弁天島には弁財天を祭った 弁天堂があります。

◎怪談シリーズ

⑴感応丸と柳の前(室町時代) Myromachi Era

⑵お蝶伝説(江戸時代) Edo Era

彰義隊の怨霊(明治時代) Meiji Era

⑷炎が見える池(大正時代) TaishoEra

⑸さまよう亡霊(昭和時代) Showa Era

⑹未解決の殺人事件(平成時代) Heisei Era

⑺私の心霊体験(令和時代) Reiwa Era

 

レストラン

韻松亭

精養軒

PARK SIDE CAFE 上野店

f:id:mari24jp:20201220190605j:plain

上野グリーンサロン 

上野の森 

 

スターバックスコーヒー 上野恩賜公園

f:id:mari24jp:20201220094750j:plain

美術館・博物館

f:id:mari24jp:20210512175507j:plain

東京国立博物館

国立科学博物館

国立西洋美術館

東京藝術大学美術館

⑤恩師上野動物園

東京都美術館

東京文化会館

下町風俗資料館

⑨旧東京音楽学校奏楽堂

日本芸術院

日本学士院

上野の森美術館

関連記事

この公園は随時更新しています。誤りもその都度修正しています。正しい情報を伝えるように努めていますが、お気付きの点などありましたら、どうぞお知らせください。 

Twitter @tokyo24travel まで!

概要

上野恩賜公園 管理所 

住所:東京都台東区上野公園5-20
電話:03-3828-5644
開園時間 :5:00〜23:00時間外は立入禁止)
休園日:12月29日〜1月3日(事務所業務休止)
開園年月日:明治6年10月19日
開園面積:538,506.96 ㎡

交通機関 
電車利用
・JRまたは東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅下車 徒歩2分
都営地下鉄 大江戸線上野御徒町」駅下車 徒歩5分
・京成線「京成上野」駅下車 徒歩1分

車を利用
上野恩賜公園第一駐車場(普通車)
営業時間: 9:00〜21:30(入庫は 19:30まで)
利用料金:1時間まで400円、以後30分毎に200円
台数:100台
上野恩賜公園第二駐車場(バス)
利用料金:1時間まで 1,000円、以後30分毎に 500円
台数:バス24台

ご拝読ありがとうございました