【女一人旅】国の下の自粛②(ロシア連邦・ウラジオストク) ホテル・プリモーリエ、極寒の地、ロシア、夜の電話

ウラジオストク国際空港☟

f:id:mari24jp:20210609154121j:plain

私のロシア旅行記をお届けします!

※2018年2月末に、ロシア・ウラジオストクを訪れました。

コロナ時代。私達は突如求められたオンラインに憧れと、激しい疲労を抱えた。だれもが ネット環境を整えねば 未来はない と感じ、必死に 坂道を駆け上った

国の下の自粛を鑑み、ただ一筋に少女のような純な心で書き始めたのだ。BY まりりん

(坂の上の雲パロディ☝ ファンの方 ごめんなさい) 

前回⑴ の話

オシャレなロシア人

16時前:成田空港 発 ⇒ 19時前:ウラジオストク空港 着。もう すっかり夜です。

f:id:mari24jp:20210609153945j:plain

空港内では原則、写真撮影禁止。人を撮る許可をいただき、リュックを撮らせてもらいました。日本ではなかなか見かけない 花柄でオシャレな anello(イタリア製の人気リュック)を持っているロシア人。

f:id:mari24jp:20210609161844j:plain

初めて目にする、現地のキリル文字に感動。С = Sストップと書いてあります。

アナスタシアさん

初めて行く 冬のロシア で死んだら困る・・そう考え、送迎オプション ¥10,000‐を付けました。担当のアナスタシアさんも美女。

f:id:mari24jp:20210609162331j:plain

やっぱりオシャレ☝ ホテルに着くまで、ペラッペラの日本語(大学で日本語専攻)で色んなことを教えてくれました。

ホテルと部屋の様子

宿泊したホテルは ”プリモーリエ” と言って、日本人御用達。

f:id:mari24jp:20210609165302j:plain

приморье = при(傍) + море(海) 沿海地方 の意味

f:id:mari24jp:20210609162754j:plain

日本のビジネスホテルと同じ使い心地。

f:id:mari24jp:20210609164053j:plain

ここで、日本と違う トイレ事情について、ひと言。

f:id:mari24jp:20210609162828j:plain

このホテルには トイレットペーパーの予備がありません。この頃の私はまだロシア語を話せず、☎しても頼めません。私は「登山のつもり」で来たので、持って来ました(笑)。日本から持って行くと安心

ロシア24時

アナスタシアさん曰く「ホテルの近くに24時間スーパーがありますよ」怖いながらも買い物へ出かけました。

私の夢「冬のロシアを歩きたい」

しかし、この日の気温はマイナス1° さほど寒くありません。ロシアらしさを味わえないのか、とガッカリ。雪もほとんど無し☟

f:id:mari24jp:20210609170522j:plain

24時間スーパー☟数字のに被さるように書かれた(четыре) の文字

f:id:mari24jp:20210609170503j:plain

アル中の国、あるある

ちなみに、ロシアでは22時を過ぎると お酒が買えません

f:id:mari24jp:20210609172305j:plain

このロシアの法律は、後日行った ウラジオストクホームステイ で知りました。私は酒・煙草・男、どれも嗜まないので・・人生損してるでしょうね(笑)。

北の国の大地

習慣・寝る前の豆乳&朝のフルーツ。この旅では牛乳フルーツドリンクで代用。

f:id:mari24jp:20210609171400j:plain

1人寂しく自撮り、この後ぐっすり眠れました。

f:id:mari24jp:20210609173032j:plain

ロシアの乳製品、味が濃くて美味しい。北海道みたいw

深夜の無言電話

呼び出し音が鳴ったので ☎に出ました。「ハロー?」

f:id:mari24jp:20210609175325j:plain

すると3秒ほどの間を置いて 切れてしまいました。その時は分からなかったのですが、このホテルにはエッチ~な電話がかかってくるようです。日本男性向け・・

あとがき

◎男の○○天国

私が「ロシア 旅行準備」を調べていたことは、前回述べました。「ウラジオストク」「プリモーリエ」でも検索をかけていたのですが「女」「電話」「夜」とか「○○」のワードがいっぱい出てきて、ショッキングな記事をたくさん閲覧してしまいました(汗)。「ウラジオストク」の「可愛い女性」や「オシャレさん」を探す時には、「ウラジオストク 女性」と入力してください。でないと、私の二の舞になってしまいますので、ご注意あれ!

◎怖~い話(汗)

実は私、買い物へ出かけようとホテル部屋の廊下を歩いていたら、日本人男性から英語で話しかけられました。どうやら ○○嬢 に間違われたっぽいんですね。初めは英語が判らず、察してすぐ違う旨を日本語で話しかけると、途端に去っていきました。

◎さいごに

ロシアへは いつもよりちょっと派手なファッションで行くことを勧めますが、露出ファッションではありませんので、お間違いなく!ロシア人より怖い、日本人のお話でした。

関連記事

ウラジオストク 冬の旅①

ウラジオストク 冬の旅②

ウラジオストク 冬の旅③

ウラジオストク 冬の旅④

ウラジオストク 夏の旅・ホームステイの思い出① ロシア正教会

ウラジオストク 夏の旅・ホームステイの思い出② サッカーの話